• スライドイメージ1
  • スライドイメージ2
  • スライドイメージ3
  • スライドイメージ4
leftBtn
rightBtn

専用の病棟もある

理学療法士は病院で働くことが多いのですが、病院によってはリハビリテーション科やリハビリテーション病棟などを設けていることもあるでしょう。 特に新しい病院であれば、このような専門の病棟を設けているのが一般的です。 もちろんリハビリを行うためにこのような専門の病棟を設けているのですが、 基本的には医師や理学療法士などが決めたプログラムに沿ってリハビリを行っていくようになります。 基本的には毎日の行動自体がリハビリに繋がっているのです。

このような通常の行動以外に、別メニューで適度な運動や治療を行っていきます。 病院で入院中であっても、食事やトイレ、風呂やベッドから起きるという動作は必ず行われているのです。 それ以外にリハビリテーションの専門病棟などで、運動を行うためのプログラムが組まれるのですが、いろいろな医療関係者が連携をして行います。 理学療法士と医師だけではなく、看護師や作業療法士、ソーシャルワーカーや薬剤師、管理栄養士や言語聴覚士なども関わっているのです。 それだけリハビリというのは大変なことであり、重要なことでもあります。 また、本格的にリハビリを行うタイミングなども決める必要があるので、いろいろな専門家が協力をしないとできないのです。