• スライドイメージ1
  • スライドイメージ2
  • スライドイメージ3
  • スライドイメージ4
leftBtn
rightBtn

理学療法士の役割

理学療法士の役割というのは、ケガや病気で体が不自由になった人のリハビリを行い、普通に生活できるようにすることです。 特に基本的な動作ができるようにすることが理学療法士には求められています。 基本的な動作というのは、歩くことや寝ること、起きることなどがあります。 このような基本的な動作ができれば、入院しなくても自宅で療養することができるのです。 特に現在は少子高齢化の影響で、病院の数も医師の数も不足している状態です。

そのため、病院側としては少しでも入院患者を減らしたいと考えています。 理学療法士がリハビリテーションを行い、自宅療養が可能なぐらいまで回復してもらえば、 入院患者が減ってどうしても入院が必要な患者を受け入れることができるのです。 そのためにはリハビリを行ってもらう必要があるのですが、リハビリの方法は基本的な動作を行う運動療法と、 医療器具などを使って薬を使わないで行う物理療法が存在しています。 どちらも用いるべきなのですが、ケガの治療では運動療法が中心に行われています。

まずは運動をして、凝り固まった筋肉をほぐすことが重要になるからです。 もし腫れや炎症などがある場合には、物理療法で治療を行ってから運動を行う場合や、少し運動を行ってから患部を冷やす場合などもあるでしょう。 このように臨機応変に対応すると共に、医師の指示にしっかりとしたがうことも重要です。 当サイトでは理学療法士の役割や重要性、また理学療法士を目指す方法などを解説させていただきます。


【 理学療法士 関連サイト 】
理学療法士になるには国家資格の取得が必要になります。専門学校では知識を学びながら実習などにも取り組めるので、理学療法士を目指している方は専門学校へ行く方が多いようです。夜間部などを設けている学校もありますので、専門学校をお探しの方はぜひお役立てください → 理学療法士